アポスティーユ代行 | 入国管理局へのビザ申請専門の東京都ビザ申請.com

アポスティーユとは

 「アポスティーユ(apostille)」とは、日本の外務省による公文書の確認証明です。

 アポスティーユは、日本の市役所・区役所、法務局など官公庁が発行した証明書を、日本国内のお役所により発行された文書であると、日本の外務省が認証するものです。

 アポスティーユは、外国での各種手続き(個人の永住権申請・外国人との結婚など、法人の会社設立など)のために日本で発行・作成された書類を提出する必要が生じ、その提出先から日本の外務省の認証を取得するよう要求された場合に必要となるものです。

 18cm四方の紙が証明を受ける書類に添付されるため「付箋による証明」とも呼ばれます。

在日領事認証の省略

 ハーグ条約(認証不要条約)に加盟している国・地域に証明書を提出する場合には、日本国外務省において「アポスティーユ」の付与が行なわれていれば、在日領事による認証は原則不要となります。

 なお、ハーグ条約加盟国でも、「アポスティーユ」ではなく、「公印確認+領事認証」の手続を要求される場合、「公印確認+領事認証」の手続の方が認証度が高くなる場合があります。

【ハーグ条約締約国】

 アイスランド、アゼルバイジャン、アンティグァ・バーブーダ、インド、ウクライナ、エクアドル、アルバニア、アンティグア・バーブーダ、アルゼンティン、アルメニア、アンドラ、オーストリア、バハマ、ベラルーシ、ベルギー、ベリーズ、ボツワナ、ブルネイ、クロアチア、エストニア、サイプラス、フィージー、フィンランド、フランス、ドイツ連邦共和国、ギリシャ、ハンガリー、イスラエル、イタリア、日本、レソト、リヒテンシュタイン、ルクセングルク、マラウイ、マリ、マルタ、マーシャル、モーリシャス、オランダ、ノールウェー、ポルトガル、ロシア、セイシェル、スロヴェニア、スペイン、スリナム、スワジランド、スイス、トンガ、トルコ、エルサルバドル、イギリス(連合王国)、アメリカ合衆国、ユーゴスラヴィア、台湾、オーストラリア、カザフスタン、キプロス、グルジア、グレナダ、コロンビア、サモア、サンマリノ、スウェーデン、スロバキア、スロベニア、セーシェル、セルビア、セントクリストファー・ネーヴィス、セントビンセント、セントルシア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ、トリニダード・トバゴ、ナミビア、ニュージーランド、ノルウェー、パナマ、バルバドス、フィジー、ブルガリア、ベネズエラ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボツワナ、ポーランド、香港特別行政区、マカオ特別行政区、ホンジュラス、マーシャル諸島、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国、南アフリカ共和国、メキシコ、モルドバ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リベリア、ルクセンブルク、ルーマニア、大韓民国

【取扱窓口】

「アポスティーユ」の取扱窓口は、外務省の本省(東京)および大阪分室です。大都市圏の一部の公証人役場では、公証人の認証時に併せてアポスティーユが取得できます。


電話相談