人文知識・国際業務 | 入国管理局へのビザ申請専門の東京都ビザ申請.com

人文知識・国際業務に該当する活動

 外国の方が、文系業務を行なう場合に該当するのが「人文知識・国際業務」という在留資格です。例えば、大卒または10年以上の実務経験を有する方が、法律・経済等の人文知識を要する業務を行なう場合、または、通訳・翻訳等の国際業務を行なう場合に該当する在留資格です。

 また、例えば、経理業務を行なう場合、大学の商学部卒業のように、大学での専攻と業務の関連性が必要です。一方、法学部卒業であった場合には、経理業務との関連性を証明する必要があります。その他、就職先企業の経営の安定性・継続性の立証が必要とされます。

人文知識・国際業務の適合性

 「人文知識・国際業務」の活動に該当する他に、法務省令に適合する場合だけに在留資格が認められます。一定の基準は「人文知識」と「国際業務」に区分され、以下のように法務省令で定められています。

人文知識の場合

①申請人が人文科学の分野に属する知識を必要とする業務に従事しようとする場合は、従事しようとする業務について、これに必要な知識に係る科目を専攻して大学を卒業し若しくはこれと同等以上の教育を受け又は従事しようとする業務について十年以上の実務経験により、当該知識を修得していること。
②日本人が従事する場合と同等額以上の報酬を受けること。

国際業務の場合

①申請人が外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務に従事しようとする場合は、次のいずれにも該当していること。
1) 翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。
2) 従事しようとする業務に関連する業務について三年以上の実務経験を有すること。ただし、大学を卒業した者が翻訳、通訳又は語学の指導に係る業務に従事する場合は、この限りでない。
②日本人が従事する場合と同等額以上の報酬を受けること。

 また、就職先企業の安定性・継続性は直接には規定されていませんが、申請書類を規定する「入管法施行規則(出入国管理方法及び難民認定法施行規則)」において、就職先の登記事項証明書、損益計算書、事業内容説明が要求されていますので、就職先企業の安定性・継続性を立証するは必要です。


TOPページへ戻る